#27 子どもの歯のおはなし【あおいの知恵袋】

6月4日~10日は厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会が制定した「歯の衛生週間」です。保育園の給食でも、よく噛んで食べるための工夫をしたり、歯の材料になるカルシウムを補給する献立を立てています。そこで今日は、歯に関する楽しいお話をお伝えします♪

噛むことは〇〇に良い??

食事のとき、水分で食べ物を流し込んでいませんか?唾液は一日1200mlほど分泌されています。つまり、正常に分泌されていれば、食事中に水分を多くとらなくても飲み込むことが可能です。

唾液には、免疫力を高める効果や、成長ホルモンが含まれており、細胞の活性を促してくれる効果があるのです。大人にとっても美肌効果につながりますよ♬

よく噛むことは、脳の活性化につながります。集中力アップ、精神(メンタル)の安定、大人にとっては認知症の予防にも!毎日忙しくてストレスを感じているときは、食事を振り返ってみてください。

ヨーグルトやラーメンなどあまり噛まずに食べられる、のど越しが良いものを与えすぎていませんか?噛んで食べる食事を選んでいくことが、歯と心の健康を保つ秘訣です。

歯の比率=健康な食事の比率

私たちの歯は
①米を噛む歯(臼歯:きゅうし)
②野菜などを噛む歯(切歯:せっし)
③肉や魚などを噛む歯(犬歯:けんし)
の3種類に分かれています。

その歯の本数の比率が、臼歯5:切歯2:犬歯1の割合で生えています。実は、健康な食事というのも比率が同じで、米5:野菜2:肉や魚1の割合で摂るといいと言われているのです。

私たちは歯の構造に合った比率で食事を摂ることで、健康な体を手に入れやすくなります。
おかずがたくさんではなく、ごはんを中心とした食事を心がけましょう。

切干し大根の和え物

①切干し大根は水でもどし、食べやすい長さに切り下茹でし水気を切る。
②人参はせん切りにし、下茹でし水気を切る。きゅうりはせん切りにする。もやしは洗い、食べやすい長さに切り、下茹でし水気を切る。
③調味料を合わせ、野菜を和える。

(4人分の材料)
切干大根 35g
人参   1/4本
きゅうり 1/2本
もやし  60g
酢    小さじ2
砂糖   小さじ1
しょうゆ 大さじ3/4

コメント

この記事へのコメントはありません。

< < <

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」