#12 ご飯を食べてもらうための保育園での工夫【あおいの知恵袋】

保育園には工夫がいっぱい!

保育園は保育や給食の工夫がいっぱいあります。保育園に通っている間に、ぜひその工夫をたくさん聞いて、ご家庭での食育や育児にもお役立てください。

給食編~調理のポイント

旬の食材

栄養価を効率よく摂るコツは、旬の食材を使うことです!30品目よりも旬の食材を意識して料理を作りましょう。

年齢に合わせた量と刻み

よく噛むように、あえて食感を残すように調理することもあります。離乳食が終わったら少しずつ大きく切りましょう。

シンプルな調味料

味噌・しょうゆ・砂糖・塩・酢の基本の調味料で給食は作られています。シンプルな味付けが、子どもの味覚を育てます。

保育室編~環境のポイント

空腹にする

午前中はお部屋の中やお散歩をしてめいっぱい遊び、空腹にしていることも、給食をよく食べるための工夫です。

おもちゃをしまう

給食を食べている時はおもちゃを出さない、目につかない場所にしまっておくことも食事の集中力を高めるポイントです。

手洗い・お歌

時間になったら手を洗う・給食の歌をうたうなどの行動を週間化することで、自然と食事の時間が身に付きます。

子どもの健康のために献立を活用しましょう

保育園の献立表をチェックしてみてください♪ご家庭での献立に役立つヒントがたくさん詰まっています。また「給食おいしかった?」など、声をかけてあげることで子どもの食への関心が高まります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」