#3誤嚥(ごえん)につながる食べ物の特徴と調理方法【あおいの知恵袋】

子どもの食事は味付け以外にも大きさや軟らかさなど、どれくらいにしたらよいか分からないこともたくさんあるかと思います。

以前、保護者の方から「ブドウなど、特に気を付けて刻んだ方がよい食品を教えてください」とご質問をいただいたので、今回は特に注意していただきたい食品や調理の際に気を付けるポイントをお話いたします。

誤飲につながる食べ物の特徴と調理方法

そのまま提供すると誤嚥につながる食品は、子どもの咀嚼力や口のサイズに合わせて調理の工夫をすることで危険性を下げることができます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」