親子で1年間の成長を確認!〜2018年振り返り〜

主人の実家に帰省中です^^

皆さんは今年どんな一年でしたか?

ここ2〜3年、毎年やっているのが「1年の振り返り」と「年のはじめに今年の漢字1文字を決める」こと。

子育てが始まってから特に、毎日、毎週、毎月の境界線が曖昧で、あっっと言う間に季節が変わっていたりしますが、

年の終わりに振り返ってみると、自分が色々なことに取り組んだり、成長していることにびっくりします。

子どもの分も月々のトピックスをまとめると、成長ぶりが分かって面白い。

育児日記をつける余裕がなくても、写真を見ながらこんなことあったなぁ、と思い出して書き出すだけ。

自分自身も息子のことも、周りと比べるのではなくて、自分軸で見られるので、次の年への準備や新しいことへ踏み出すきっかけにもなります。

年末の大掃除と一緒に、頭の中も大掃除!

帰省中、おじいちゃんおばあちゃんとの話題にもなりますよ。

皆さんもやってみませんか?

……

……

ちなみに、我が家の場合はこんな感じ。

1月

spoonの仲間たちとと鎌倉、息子インフル外出禁止中、初めてのクッキー作り。粘土に目覚める。

2月

清塚信也さんチャリティコンサート
お友だちが天に還る。

3月

チャリティイベントアンバサダーミーティングに参加。親の会、近隣へ広報活動にいそしむ。みんなの学校(映画)を見に行く。3月まで薬膳講座通う。

4月

ツナガリウォーク。思いがけずヨコハマプロジェクトの人と繋がる。段取りが上手くなる。帰省。

5月

息子の通園の役員やることになる。フロー表つくり、段取り成功。

6月

ダイエットサポート。クライアントさんとのやり取りが楽しかった。一ヶ月で浮腫みが解消、痩せやすい土台作りの成果。

7月

息子夏休み、沢山お出かけ出来た。
spoon設立パーティ。コラム執筆。通園の先生方と作戦会議。

8月

本出版。息子にトーマスカード作って喜ばれる。今でも愛用中。

9月

疲れが出る。帰省。地元の友人と女子会が出来る。

10月

療育センター秋祭り、疲れが出る。
仲間に助けてもらう。

11月

法事帰省。友人の赤ちゃん初対面。癒される。保育園講座のサポートが決まる。通園役員仕事が無事おわる。

12月

来年に向けて新たな勉強開始。ご近所さんとおにぎりパーティ。楽しかった。

〜息子編〜

・電車立って乗ってみた
・ブランコ立ち漕ぎまねっこ!
・療育センターのお遊戯、完コピ!
・トイレ成功率あがった
・おしゃべりいっぱいするようになった
(長い、冷たい、あったかい、高い、反対、いっぱい、あとはトーマス用語とか)
一番のヒットは「あっち、あっぱい、あたー!」(うんち、いっぱい、でたー!笑)『あ』が多め。

・坂道上り下り安定、木の根っこ歩けるように。
・高いところから「あーい、あぷぅ(すごい、ジャンプ)」言いながら飛び降り着地。
・ご近所さんのお兄ちゃんの子分になった。
・運動会でほぼ指示なしで障害物競争できた!
・ツリークライミング楽しそう
・川遊びが楽しそうすぎた
・スプーンで食べるの上手になった(机が汚れなくなってきた)
・梅ジュースつくった
・パンこねた(ちぎった)
・鳩を走って追いかけた
・危ないところ、手を繋いで歩けるようになった
・マカトンサイン使いこなす
・人の顔色みて悪いことするように、抜け道探すようになった
・靴履けるようになった
・制作、目と鼻、口の位置なんとなくわかるようになった。
・家の中でかくれんぼ楽しめるように、宝探し上手になった。
・交換条件でお茶飲む量が増えた!
・通園でケーキに目覚める
・写メに目覚める。意外とうまい。
・トーマス目覚める
・世界ネコ歩き目覚める
・ブンバボン、全部踊れた
・ご飯のとき、テレビ自分で消してくれた

 

家族、仲間たち、ご近所さんに沢山支えてもらって、元気づけられた1年でした。

来年も良い年になりますように^^

皆さんも良いお年を。

 

 

 

この記事の著者

大竹 友里恵
大竹 友里恵
幼い頃から、家の本棚には女子栄養大出版部の栄養と料理があり、祖父の家庭菜園で雑草取りを手伝い、自然と食に興味を持つようになる。
好奇心旺盛で、海外のごはんを味見するのも大好き。妊娠・出産を機にゆるゆるとナチュラル志向に。自分の身体で人体実験はお手の物。
育児の合間にホリスティック栄養学、薬膳、中医学などを学びながら、食に関わらず人間の生き方、あり方、環境にやさしい暮らしを勉強、実践中。
ダウン症がある4歳の息子がいる。形態食づくりとお手軽なごはん研究に日々奮闘中。
やんちゃで繊細なboyに振り回される愉快な毎日です。