#0 「あおいの挑戦日記」が始まります!【あおいの挑戦日記】

4年制の大学を出て新卒で保育園で働き始めたとき、わたしは「管理栄養士」ではなく「栄養士」でした。管理栄養士の資格を取るために大学を選んだのに、途中で精神を病み、栄養士の資格しか取れず、卒業してしまったのです。

仲の良い同級生はみな「管理栄養士」の資格を取って卒業していきました。なのに私だけ「栄養士」
管理栄養士がよくて栄養士が悪い、という訳ではありません。シングルマザーの母に、高い学費を払ってもらって管理栄養士をとるための大学に行かせてもらったのに、目標を達成できなかった自分が情けなかったのです。

本日から掲載する日記は、わたくし「あおい」が、保育園栄養士6年目に一念発起し、働きながら管理栄養士の国家資格を取得した様子を書き留めたものです。稚拙な物言いや考え方、資格さえ取れば安泰というような、今思えば顔から火が出るようなものばかりです。

しかし、管理栄養士を目指している方にお役に立てればと思い、当時の文章をそのまま掲載いたします。

結論から申しますと「資格を取っただけでは、自分の夢は達成されない」ということ。受験生には「資格」さえとれば、その先に楽園が広がっているかのように見えます。しかし、それは幻想です。

自分のやりたいことがあり、それを達成する手段として資格が必要であれば、取得するのもアリです。でも、その逆ではない。資格さえあれば、収入も働き口も夢もかなう。そんな「スーパーマリオのスター」のような魔法は存在しないのです。

この連載は、まだ「資格さえとれればいい」と考えていたころの、わたしのお話です。管理栄養士をとった後でまた壁にぶつかるのですが、そのお話はこの連載が終わったあとにまたしたいと思います。

それでは2013年、管理栄養士受験を決意したころのわたしの日記を、お楽しみください。

第1話はこちらから

コメント

この記事へのコメントはありません。

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」