新鮮おやさいたっぷりモーニング希望。子育て世代にあったらいいな

子育て世代、いち主婦としての希望。

誰かのつくった美味しいごはんが食べたい。

おいしいお野菜、たっぷり食べたい。

普段、そんなに品数作れないので、

いろいろな物をちょこちょこ食べたい。

そして、休みの日のモーニングがあれば最高。

わざわざ遠くに行かず、ご近所で食べたい。

市場に出回らない、規格外のお野菜なんか

どうでしょう?

お安くていいんじゃないかな。

普通だけど美味しいごはんが食べたいです。

ママもたまにはごはんお休みしたいよね。

みんなで食べたらもっと美味しいはず。

 

この記事の著者

大竹 友里恵
大竹 友里恵
幼い頃から、家の本棚には女子栄養大出版部の栄養と料理があり、祖父の家庭菜園で雑草取りを手伝い、自然と食に興味を持つようになる。
好奇心旺盛で、海外のごはんを味見するのも大好き。妊娠・出産を機にゆるゆるとナチュラル志向に。自分の身体で人体実験はお手の物。
育児の合間にホリスティック栄養学、薬膳、中医学などを学びながら、食に関わらず人間の生き方、あり方、環境にやさしい暮らしを勉強、実践中。
ダウン症がある4歳の息子がいる。形態食づくりとお手軽なごはん研究に日々奮闘中。
やんちゃで繊細なboyに振り回される愉快な毎日です。