障がいを持ったご家族をサポートする大竹友里恵サロン 大竹友里恵

言語聴覚士さんによる「お口の発達セミナー」に参加しました

投稿日:

こんばんは、大竹です。
オンラインで言語聴覚士さんによる、子どものお口の発達セミナーに参加しました。

自宅に居ながら、息子が寝た後に参加できるオンラインはママの味方!

食形態のステップアップのポイントは、①口唇②舌の動き③あごの動き④歯で見る。

一番分かりやすくて、親御さんと一緒に見極められるのが①の口唇。
口のちょっとした動きを見逃さないように、動画で撮って親後さんと一緒に確認するそうです。

安全に食べるには、①食形態②嚥下能力③姿勢の3本柱をしっかり。

ただ、どうしても姿勢を保つのが難しかったり、

きょうだい児がいたり大家族だったり、食形態を本人の状況に合わせるのが難しい場合は、

3本柱のうち、その他の部分で引っ張り上げること。

家庭やご本人の状況に合わせて支援の方向性を考える、という話が印象的でした。

親御さんへの関わり方も勉強になり・・・贅沢な50分。

私は専門家の立場だけど、障がい児の親でもあって、
お口の発達をのばしながら、十分な栄養を摂ることの難しさを痛感しています・・・

お口の発達の未来予測が出来るのも初めて知りました。
予測はやはりSTさんじゃないと難しいのでしょうか。
そのあたりも知りたいと思いましたし、
幼児の段階で予測はつくのかな・・・というのが疑問でした。

色々な角度からお話を聞くと、アプローチの仕方に厚みが増す気がします。
勉強になりました。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.