大竹友里恵の栄養満点スープ 障がいを持ったご家族をサポートする大竹友里恵サロン 大竹友里恵

発達障害がある人に関わる方へ

更新日:

こんにちは、大竹です。

朝晩の冷え込みが強くなってきましたが、風邪ひいていませんか~?

さてさて。今日は発達障害についてのお話です。

私は息子の療育センターに通っていることもあって、

発達障害やその他いろいろなお話を聞いたり、勉強をさせてもらう事が多いのですが、

NHKの「発達障害プロジェクト」。

ここのサイトがすごく分かりやすくまとまっています。

興味がある方、一度見てみると、へ~!こんな世界があるんだ!って面白いですよ。

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/index.html

ちなみに、私も昔から何だか人と違うな~

変だな~と思い当たることはよくあって(そんなに目立ちませんでしたが)、

数年前に心療内科にかかったとき、

主治医の先生に話して診断テストを受けたことがあります。

私事ですが「どうして病院就職しなかったの?」とよく聞かれます

(MR時代も栄養科でよく聞かれました)。

当時は「外から栄養士さんに関わりたかった」と恰好良く(?)

答えてましたが、最近になって自分で分かったことは

「厨房のシンク、その他調理器具がチカチカ光って、

めまいがしたから、集中できなかったから」。

「先端恐怖で、厨房内の角が刺さりそうで怖かったから」。

会社員時代も、オフィス内のコピー機の音や、みんながPCで一斉にキーボード

叩いてる音が気になって、いつもそわそわしてました。

あと、怒鳴り声とかね。笑

デスクの真っ白なのも目がチカチカしたり。

周りが仕事が出来ないレッテルを張るのは構わないけど、

集中できない背景には目に見えない、

こんなことが隠れてることもある・・・かも?

(本人も当時は気付いていませんでしたが)。

音や目から入る刺激を普通以上に受け取ってしまうから、頭が疲れやすかったりします。

個人差はありますが。

もし周りに困っている人がいたら、環境が少し変わると、改善する場合もあるかもしれません

そんな優しい視点を持ってくれる人が増えたら、救われる人も沢山いるかもしれません

不得意なことだけじゃなく、得意なことはというと・・・

のめりこんだら、ずーっと集中していられます。

集中力はたいして続かないですが(笑)

興味があることに関してはフットワークが軽いこと、

好奇心は旺盛です。

動画で喋っているときは、うまく言葉が出てなくてのんびり喋っている印象がありますが、

キーボード打っているときは考えてることをすらすら打てたりします。

喋るよりは書く方が頭の整理が出来るそうです。(昨日のTVで言っていました)、

そんな当事者なので、息子の気の散りやすさや音の過敏さも、わかるわかる~となることも多いかな。

その点は良かったのかもしれないですね。

当事者が伝えたほうが、伝わることもあるのかなと思って、こんなこと書いてみました。

長文読んで下さり、ありがとうございました^^

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.