大竹友里恵

お菓子や乾物を賢く利用。災害時に慌てないために

更新日:

天災は忘れた頃に…と言いながら、忘れる暇もないくらいやってきているここ数年。実家がある北海道も地震に見舞われて、しばらく気が休まりませんでした。

停電は解消したようですが、まだまだ物資の流通は不十分なようです。

そこで、近所の防災講座に出たとき、お菓子や乾物を利用した

[st_toc]

 

のお話があったので、紹介しますね。

⚫︎じゃがりこに水を注いで数分置くと…ポテトサラダの出来上がり!

⚫︎小町麩を少量の水でふやかして粉末ココアをまぶすと…簡単なおやつの出来上がり!

(バリエーションはきな粉、すりゴマや青のりでも。)

この他にも、ライフラインの復旧具合にもよりますが、パックごはん、鰹節、ツナ缶、みかん缶、ジャム、カットトマトや切り干し大根、高野豆腐など、

保存がきいてかさばらない物を準備しておくのもおススメです。

個人的に日頃の備えとして役に立つなぁと思ったサイトを載せておきますね。

少しでも誰かのお役に立ちますように。

 

⚫︎東京防災アプリ
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/smart/1005744/index.html

⚫︎災害時の食について
https://www.nhk.or.jp/sonae/sp/report/20120907.html

この記事の著者

大竹 友里恵
大竹 友里恵
幼い頃から、家の本棚には女子栄養大出版部の栄養と料理があり、祖父の家庭菜園で雑草取りを手伝い、自然と食に興味を持つようになる。
好奇心旺盛で、海外のごはんを味見するのも大好き。妊娠・出産を機にゆるゆるとナチュラル志向に。自分の身体で人体実験はお手の物。
育児の合間にホリスティック栄養学、薬膳、中医学などを学びながら、食に関わらず人間の生き方、あり方、環境にやさしい暮らしを勉強、実践中。
ダウン症がある4歳の息子がいる。やんちゃで繊細なboyに振り回される愉快な毎日です。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.