marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

痛風と高尿酸血症とは?

更新日:

尿酸値が高い人はちょっと食生活も見直してみましょう!!

痛みは突然やって来ます!その痛みはとっても辛いはずです・・・
もし、その痛みが足の親指の付け根だった方は、『痛風』を疑ってみましょう。
そして、まだ痛風の痛みを感じたことがないけれども
血液検査で尿酸値が高いと言われた方も、これからの食生活を気を付けていきましょう!

 

今日は、簡単に痛風と高尿酸血症について説明します!

◆『尿酸』とは
体の中での老廃物のひとつです。
細胞等に含まれる核酸(DNAなど)の一部で、プリン体と呼ばれる物質が、尿酸の元です。
細胞は毎日新陳代謝を繰り返すので、尿酸は毎日作られています。
これは、腎臓を通って、尿として体外に排泄されていきます。

◆『尿酸値』があがるのはなぜか?
通常、代謝で生成された尿酸は体外に排泄されるので、血中で一定量を保っています。
しかし、何らかの原因で過剰に尿酸が生成されたり、排泄量が少なくなる、
といったバランスが保てなくなった時に数値が上昇します。

このようなことから、血中の尿酸が7㎎/dlを超えた場合を高尿酸血症と呼びます。
この基準を超えると、血中に溶け切らず結晶となり、体内の隅々に蓄積します。
白血球は、蓄積した尿酸の結晶を異物と認識し攻撃が始まります。
特に溜まりやすいのは足の親指の付け根です。

 

◆その対策は?
基本的には、生活習慣の改善が必要となります。
以下の項目を見直していきましょう!
①体重コントロール:BMIをご存知ですか?適正な体重を知りましょう。
②アルコール量:アルコールは尿酸の産生を増加し、排泄を低下させます。
③水分量:脱水傾向がある方は特に注意です。尿量を増やして排泄していきましょう。
④野菜量:尿酸は酸性です。野菜はアルカリ性のため、積極的に摂りましょう。
⑤適度な運動:体重コントロールのためにも、適宜取り入れましょう。
⑥プリン体の量:細胞が多い白子やタラコ等、干物等に多い特徴があります。
⑦ストレス解消:現代人にとっては一番難しい課題かもしれません。

 

意外と、年末年始の暴飲暴食したつもりがないのに年明けの検査数値が・・・
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか!
普段の食生活の積み重ねではありますが、数値が高い方はご注意ください!!!

 

最近では、プリン体に対する乳酸菌を使った商品も出ていますね。
体内に吸収されにくい形に変えてくれるようですが、こちらの商品だけに頼らず
普段の食生活も一緒に見直していけると良いですね^^

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.