登山に行きました

山小屋での夕食

久しぶりの投稿になりました。先日は、長野県と山梨県の境にある、南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ケ岳に登山しました。早朝から出発したものの、渋滞にはまり・・・駐車場にやっと着いた頃には車がいっぱいでした。そこから、タクシーとバスを乗り継ぎ登山口まで移動して・・昼過ぎに登山を始めてその日は山小屋泊を行いました。

その山小屋でのご飯がカレーだったのですが、やはり歩いてきただけあって美味しさ倍増です。ジャガイモは崩れないよう、別添えになっていました。標高2600程度の山小屋で生野菜も出るとは驚きました。そのあとは、外に出て寒い風にあたりながら、満点の星空を眺めていました。

朝日が登る瞬間

翌朝は、朝日を見るために早めに起床して、だんだんと姿を表す太陽は幻想的でした。向かい側に見えたのは、去年登った甲斐駒ヶ岳は、でしたがとても大きく見えました。

登山中は、行動食をいくつか食べていました。例えば、<アメ><ようかん><チョコ>といった菓子類です。これらは、炭水化物、糖類が含まれて素早くエネルギーとして利用されやすいです。個人的に一番のおすすめは<塩おにぎり>です。いつものご飯に塩を入れて炊いて握れば、簡単に出来上がります。おにぎりは、腹持ちも消化も良く、程よい塩味だけでとても美味しいです。

今回は、かなりゆっくりしたコースタイムだったのですが、高山病にもならずとても歩きやすかったです。道行く人達も、関西や九州地方の方もいらっしゃり、かなり幅広い方々とお会いできました。一度山に登ると色々な出会いや経験があるので、次回も行ってみたい場所が増えていきます。

この後、雷鳥にも出会いました!

この記事の著者

marina
marina
年間200件以上の栄養指導、集団糖尿病教室、集団減塩教室を実施しています。糖尿病患者中心に、肝臓病、腎臓病、嚥下障害、低栄養、がん、その他幅広い疾患の指導経験があります。