医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

Cooking live③

更新日:

楽しかった~!

さて、先日の放送では
10/31 香ばししょうゆの豆腐ハンバーグ を作りました。

家で豆腐ハンバーグを作った記憶が無いので
正直不安でした。放送事故になるのでは・・なんて(笑)

 

具材は、木綿豆腐、ひき肉、たまねぎ、人参
盛り付けでネギと、とてもシンプルでした。
ちょっと工作?秘密兵器(小麦粉とパン粉)を使いましたが
無事に美味しく完成できたので良かったです。

 

 

豆腐の種類は、木綿豆腐を選びましたが絹豆腐でもOKです。
今回、木綿豆腐と絹豆腐の違いを調べましたが
はっきり言えば、大きな違いはありません。

木綿豆腐は、製造過程で水分を絞っているので固い食感です。
一方の絹豆腐は、水分を絞る過程が無いので軟らかいです。

栄養価的に見れば、木綿豆腐は水分が抜けるので
たんぱく質、カルシウム、鉄が残っており
絹豆腐は、水分が残っているので
水溶性のビタミンやカリウムといった栄養があるとのこと。

 

しかし、実は食品成分表を見てみると大きな違いはありません。
今回使った130g程度の量では、その違いはごく僅か。

もう少し多量になれば、違いが明らかになりますが
日常で食べる適量で、食品成分表を見ると大きな違いが無さそうでした。

 

 

 

また、豆腐の数え方は一丁、二丁と言いますが
この「丁」という単位は、何故か重量に決まりがありません。

そのため、ある場所では300g/丁、別の場所なら400g/丁。
更に沖縄県では1㎏/丁なんてことも。

糖尿病の食品交換表には
150~450gという幅が書かれていましたが
2倍以上の差があるとは凄いですよね。

 

栄養相談で、豆腐は1丁食べますと言われても
自分と相手のモノサシが大きくずれている可能性があります。
常に共通の認識を持つことが大事だと気付かされます。

しかし、どちらにせよ・・
「豆腐1丁食べます」と言われる場合
だいたい他の食事でも量が多い(食べ過ぎている)傾向があります。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.