医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

食べる速さ

投稿日:

葉山女子旅きっぷで。

天空から下山してきました。
地上の空気は、非常に濃いですね。(密度的に)

体は、筋肉痛がひどくて悲鳴を上げてます。
久々に動いたのと。運動不足の中で結構な山にいきました。

心が何度折れそうになったことか。
よくもまあ、登ることができました。この話はまた今度。

 

 

さて。糖尿病の人に向けてのメールマガジンから、
「早食い」についての記事がありました。

早食いが肥満の原因や、血糖値変動が大きいので
糖尿病のリスク因子という事は知られているかと思いますが・・・

 

最低でも15分以上かけて食事をすること
これが、大切だそうです。

 

エビデンスとしては・・・
以下のような内容から示されたそうです。

九州大学が2型糖尿病の日本人約6万人を
対象とした研究を解析した結果、
食べる速度が速い人は全体の37.6%(22 070)、
普通の人は55.4%(33 455)、ゆっくりの人は6.9%(4192)であることが判明。

BMI(体格指数)は身長と体重から算出され、
体重が適正範囲内かどうかを判断する際に用いられます。
BMIが25以上の肥満の割合は、食べる速度が速い人では44.8%、
普通の人では29.6%、ゆっくりの人では21.5%でした。

食べる速度がゆっくりであるほど肥満の割合は
少なくなることが明らかになりました。

 

これは、誰にでもできる事ですよね。
普段の食生活の中で、変えられることから
始めていくってとても大切なことだと思います。

 

参考:
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.