医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

運動しているから食べても大丈夫?

更新日:

南瓜系統も種類が多かったですね

暑すぎて水分が抜けていく・・・

 

栄養相談でのお話を聞いていると
かなり努力されている方がいます。

朝食を食べなかった方が、食べるようになったり。
間食をしていた方が、やめるよう意識したり。
それまでの生活を大きく変えるって、
本当に大変な努力だと思います。

 

その中でも、意外と見落としがちなのが
エネルギーや脂質の量かと思います。

以前、お話した方の中でも
運動を5時間位、ほぼ毎日されている方が居ました。
それだけでも凄い事だったのですが
食べる量を確認してみると、エネルギー摂取量が多かったです。

 

例えば、1食に食べるご飯の量。
おかずのたんぱく質の量。
思い返せば、果物やアイスの摂取。

なんて、色々ありましたが
結局食べる量が増えていたので
運動していても、何故か痩せないという事になっていました。

 

運動しているからちょっとくらい大丈夫。
と、いう思いもあって少しずつ量が増えており
結局は消費よりも食べる量が増える状況に繋がっていました。

もしかしたら、運動して消費できるエネルギー量は
患者さんは500kcalを消費しようと思っていたようですが
実際の消費量は、それよりも少なかったのかもしれません。

エネルギーの出納は完全に目に見えるモノではないので
実際に計算で求めるとなると、難しいんですよね~。

 

食べる量の見直しで、
次回は痩せていらっしゃることを期待です。
私も運動しないとなあ・・・なんて。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.