医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

読書記録 とんび

投稿日:

かさごです。

久々にblog更新の気力がありませんでした。
マラソンに参加し、体力が尽きてしまい。
この話はまた後日( ̄▽ ̄;)

 

今日は、読書記録です。
重松清さんの『とんび』です。

数年前、ドラマ化もされたようで
youtube で一部、拝見しましたがとてもキャストがぴったり。

自分の頭の中で想像していた
ヤス(父親)、アキラ(息子)、と近くて納得でした。
(個人的には2012年版でした)

 

2012年、2013年と連続でドラマ化されていたようで。
お正月なんかにもう一度流してくれないかな・・なんて希望です。
その当時にドラマを見ていなかった自分が憎い(笑)

 

 

 

内容をご存じの方も多いとは思いますが・・・
ざっくり話せば、広島県を舞台にしています。
妻を失った父親(ヤス)が息子(アキラ)の反抗期や学校でのトラブル(部活での出来事)
受験(なんと東京に進学)、自立(バイト関係)
意外な女性との結婚(知人に一芝居を打たれて本音が出た)など、様々な困難に直面します。
その中で、不器用に戸惑い、悩みながらも息子の幸せを第一に考え、
周囲の支え(本当に周囲の皆様が温かいのです)を受けながら
男手一つで息子を育てた父の半生と親子の絆を描いた作品です。

 

ここまで書くと、さらっとしていますが
文章で読めば涙腺に大打撃です。

何といえばよいのか・・・感動です。
恐らく、学生時代、社会人、親になってからだと見え方が変わるでしょう。

これは、ぜひ映像で見たいですね。
涙活したい人にはぜひ、オススメです。
最近、心が動いていなかった人にも、オススメです。

こういう風な小説が読める事が嬉しく思います。
どこまでも不器用なところは、
今の朝ドラスカーレットで、主人公の父親にも似てるかな。
と、個人的な感想をはさんでおきます(笑)

お時間があれば、ぜひお読みください。
ここ最近で、私の大ヒット作品でしたので、ご紹介です。

 

 

良ければtwitterも。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.