marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

消費と賞味の期限の違い

投稿日:

すっごく気持ちの良いハイキングでした!

今日は、神奈川県の三浦半島にハイキングでした。
新逗子駅からぐるーっと周り、標高200m位の二子山に行きました。
途中では川沿いを歩いたり、ロープを掴んで登ったり。

最後に寄ったお店で、コロッケを食べてたら
なんと”タカ”にコロッケを持っていかれました。
結構、ショックです!!!(笑)
面白いハプニングもあり、充実した一日でした。

 

さて。少し栄養のお話でも・・・
つい、昨日のネットニュースでこの記事を見ました。

「賞味期限切れ商品」を売るスーパーが大阪に

これは、賞味期限切れや消費期限間近の食品ロスになるであろう商品を
企業から格安で買い取り、消費者に低価格で販売するスーパーを取材した内容です。

 

因みに・・・
◆消費期限とは
袋や容器を開けないまま、書かれた保存方法を守って保存していた場合に「安全に食べられる期限」のこと。
お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

◆賞味期限とは
袋や容器を開けないまま、書かれた保存方法を守って保存した場合に「品質が変わらず、美味しく食べられる期限」のこと。
スナック菓子、カップ麺、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ傷みにくい食品に表示されています

 

こうした違いが文面では記載されていますが、大抵の食品は消費期限が近くなっても、
賞味期限が切れていても、私は判別つかない自信があります。
食品ロスが生じると、ゴミ焼却にエネルギーもお金も使います。何よりもったいないです。

個人的に最近気になるのは、飲食店での食べ残しです。
パーティーでも、そうですね。大して食べていないのに、料理は沢山残っていたり。
正直、持ち帰りできるんだったら、持って帰りたいです!(笑)

参考:農林水産省HP

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.