marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

桃太郎の桃を拾うとは

投稿日:

この羊可愛かったなあ。

今日はとっても天気の良い夏日になりました。
こんな日はゆっくり寝ていたい・・・です(˘ω˘)

 

ネットの対談を見ていて、AIの発達によって自分が興味のある
情報しか観なくなっている~云々、という話をしていて
私自身もそういった傾向があるので、納得してしまいました。

また、スティーブジョブスの、Connecting  the dots(点と点を繋げ)
という格言は、初耳でしたがとっても印象深かったのでメモします。

以下すべて、対談からの拾い文句です。
面白いのがスティーブジョブスの話でもそうですが
経営者や日本のトップの人は、失敗経験も豊富という事です。
興味のある事にどんどん手を出して、挑戦してみること。
挑戦して分かった失敗を学んで、最終的に成功に繋がる線になっている。
個人的には、そういった解釈を持ちました。

 

これに関して、昔話の例えが出ていました。
日本人ならよく知っている桃太郎ですが、
物語のお婆さんは、桃を拾って割るという現代では
ありえないことが起こってもそれに向かって行動しています。
(物語なので、行動しないと話が進まないとも言えますが・・)
こうした勇気を持っていたことが、上記の格言と似ています。

例えば現代で、川に大きな桃が流れてきたら(ありえないですが・・)
何が入っているのかわからないし、まず拾わないですよね(笑)

それを、持ち帰って割ってみるという勇気が
ある意味このお婆さんの凄い所です。
子どもの内は、こういう疑問を持たなかったですが
振り返ってこうした視点でみると面白いですね。

桃はつまり、現代における面白い可能性を秘めているものです。
正体が不明でも、桃太郎が入っていなくても、
それを開けてみないと面白いか、つまらないのか、わかりません。

日常の中でも常に新しい事に挑戦したり、
よく言えば、自分の人生の点になる部分は
今後の自分自身にも役立つなあと感じました。

 

と、いうことで早速。
来月は登山2か所と、マラソン2か所を申込みました!
中々ハードなスケジュールになりましたので
そろそろ練習始めたいと思います~(;´Д`)

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.