marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

栄養士は、いつも同じことを言う

更新日:

チョコレートって魅力的です

今日は、栄養相談1件。
昨日とは違って中々・・残念なことがありました。

 

ひとつは、栄養相談の提案を断られたこと。
医師が診察の時に、数値の改善も見られないので
ここで一度食事の確認をしてみませんか。と
患者さんに提案してくださいましたが
「栄養士はいつも同じことを言う」と、断られてしまいました。

診察室と、相談室は隣にあるので・・
実は、患者さんと医師の会話が丸聞こえなんですよね。
それを知ってか知らずか・・正直なお気持ちがはっきり聞こえました。

 

その患者さんが栄養士に対して同じことを言うというのは、
ウラを返せば、患者さんの行動が変わってない。
という事だと思います。

どの栄養士から見ても、改善が必要なポイントだから、
何度も同じことを指摘する。
という事だと思うんですけどね。。。

 

あるいは・・
こういう言い方をされてしまうという事は、
栄養士に対して不満がある、信頼を得られていない事が考えられます。

例えばですが・・・
・聞き取りの方法が甘くて
指導した目標が、本人の意思とかけ離れていた。
(実行できる目標ではなかった)
・実行したが、検査数値の改善が見られなかったため、
モチベーションが低下してしまった。
・自分の話を聞いてもらえず、一方的だった。

不満が出やすいのは、この様な原因でしょうか・・・。
言い出したらキリがないので色々書けそうです。

 

 

本人には聞いてないので、憶測ですが。
なんだかスッキリしない気持ちでした。

同じことを言うこっちの気持ちにもなって~(;^ω^)
数値が変わらず、落ち込むのはこちらもです~(;´∀`)って、陰ながら思いましたが。
患者さんにとって、行動が変えられないってことは
どんな原因があるのでしょうか。

行動に移すまでの、理解ができていないから。
病気に対する危機感が持てていないから。
ここにきて、何故か自己流を貫いているから。とか・・・

 

こういうキャラクターの人程、
しっかり話しを聞いてみる必要があるかもしれません。
栄養士のイメージを一度マイナス方向に思われてしまうと
こちらが色々なアドバイスをしても受け入れてもらえず
治療の面でも不利益になってしまうと思います。

嫌われないように。ではありませんが、
長く付き合っていけるような支援が理想ですね。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.