医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

本の販売状況について

投稿日:

古民家カフェ。凄く雰囲気が良かったです。

最近、本の販売をしています。毎日1ペースで売れています。
売れるとやっぱり嬉しいですね。
300冊以上出しました。どこまで売れるか、売れないのか。

 

買ってくださる方に、どういう所が購入の決め手になるか聞いてみました。
一番多かったのは欲しい本かどうか。これは、予想通りでした。

どこかのサイトで見て探していた。とか
作者が好きだから。とか
私もサイトで本を探す時には同じく、
タイトル又は作者から入る事が多いです。

 

 

それから、値段です。これも同率でした。
やはり購入するには安い本が良いですよね。
自分の中で、ある程度基準を設けて出品していました。

定価500円以下なら、300円。
定価1000円以下なら、400円。
それ以上は500円、
または売れ筋価格(過去に売れた価格の平均)+10%です。

単行本は、300の出品も多いので埋もれてしまいますね。
専門書なんかは、元値が高いので割と安い価格設定です。

中には、値下げ交渉してくる方もいらっしゃいました。
正直驚きましたが、読んでもらえる方がいいので、応じました。
でもちょっと悲しいですね(笑)

 

 

もうひとつ意外だったのが、販売者の評価です。
取引の数が少ないのですが、
悪い評価が無いというのもポイントの一つのようです。

私自身はあまり考えていなかったのですが
評価や販売の実績というのは購入者にとって”信頼”できるか。
という基準になりますよね。

そう考えると、相手にも気持ちよく購入いただけるよう
発送の時も丁寧な梱包を心掛けようと思います。

 

 

 

そしてこれは、販売してみて思ったのですが、
様々な商品が毎秒、出品されている中で特に、本は題名が大きいとか。
帯が目立つとか。カバーの色がはっきりしているとか。
パッと目を引くのは商品の写真です。

表示される情報に限りがあるため、題名は全部載りません。
写真の撮り方云々ではなく(ボケてたら意味が無いのですが・・)
本の表紙に記載の情報も、購入に影響すると思いました。
(出品方法というより、商品自体に魅力があるかという話です)

 

引き続き、様子を見たいと思います。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.