marina

料理名について

投稿日:

管理栄養士あるある・・・だと思うのですが、料理名で悩むことがありませんか?

献立作成をしていたり、新規レシピの料理名では、似たような名前で違いが分からなかったり。

その料理の定義について調べる事もあるのですが・・・本当に日本語が難しいんですよね。

 

例えば「焼売」は、何と読むでしょうか?

・シュウマイ

・シウマイ

・シューマイ

どれもありそうな読み方ですよね。実際にあるんです!

それぞれの由来が異なっているので、色々な表記が混在しています。

 

それから、料理の疑問についてです。

・焼売は蒸している料理なのに何故「焼」という文字が入るのか!?

・焼売にグリンピースが載っているのはなぜか!?

など・・・調べ出したらキリがないので、今日は割愛させて頂きますが、不思議な言葉や由来、表現がいっぱいあります。

 

また、料理名は献立作成の際にも文字数との格闘になります。

使用している献立ソフトによっても違いがあるのかもしれませんが、料理名は全角のひらがなで規定の文字数に入らない場合、半角のカタカナを使って表現する工夫もしています。

 

そして、厨房で調理する際は料理名を見て調理をしているので、似たような料理が同じような料理名だと混乱する原因になります。そのため、似ている(同じような)料理でも全く同じ料理名にならないよう工夫することも大切です。

例えば「焼売」という料理を異なる食種で分量を変えていれば、「焼売 16」「焼売 24」等、料理名をいくつかに分類していく事もあります。この方法はあくまで一例ですが、厨房での調理や盛り付けの際にはこうした工夫で見分けています。

 

調理、盛り付け、業務上のミスを防ぐためにも、料理名はとっても大事な部分にもなります。

また、レシピを見た人、食べる人が見てどんな料理か想像できる料理名が望ましいですね。

 

料理名ひとつでも色々なお話ができました。献立では考えるべきポイントがほんとに多いですね。

この記事の著者

marina
marina
年間200件以上の栄養指導、集団糖尿病教室、集団減塩教室を実施しています。糖尿病患者中心に、肝臓病、腎臓病、嚥下障害、低栄養、がん、その他幅広い疾患の指導経験があります。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.