marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

居酒屋と血糖値推移

更新日:

カレーとハンバーグでご飯が進みますね~

本日は、七夕でしたね。
ここ最近、七夕の天気は荒れているように思います。
なんだかすっきりしない天気はもったいないような。
浴衣でお出かけされた方も多数いらっしゃるようでした。

 

 

さて、今日は飲み会の時の食事についてです。
飲み会と言えばお酒ですが、実は私の体質的にお酒が飲めず・・・
リブレで測っているので面白い結果になりそうな所、非常に残念。

夕方から後輩と食事していたのですが、
時間としは17:30頃~21:00迄お喋り。
食事は、20:00頃までつまんでいたので・・・
2時間半ぐらい、ダラダラ食べていました。

 

 

食べたのは、沖縄料理です。
野菜サラダやお通しから始まり、揚げ物、煮物、ご飯から
最後はアイスまでフルコースで頂きました( *´艸`)

その血糖値の変動は、意外いつもより小さかったです。
ピークが150㎎/dL以下となっていました。
お酒が入っていないからか、ご飯を最後に食べていたからか、
和食とは違い、炭水化物が少ないか。揚げ物も入ってなだらかだったのか。

ただ、食事の間に3回程、血糖値の山ができていました。
もちろん、食べていた内容によるものだとは思うのですが・・
どのタイミングで血糖値が上がるのか掴めませんでした。

 

健康な人では、血糖値のピークが高くなかったとしても
糖尿病の場合は、この一回の血糖値の山が、より大きくなることも考えられます。
また、ダラダラ食べることによって血糖値が高い時間が長くなり
(正常値まで下がりきる時間が作られないので、)HbA1c高値に影響すると考えられます。

また、お酒が入った場合は特に食欲が刺激されて(満腹中枢が麻痺して)
無意識に食べる量が増えたり、アルコールが増えたりすることも予想できます。
そうなると、インスリンの分泌が抑えられて、血糖が高くなります。

加えて、締めのラーメン、締めのご飯など、飲酒後は炭水化物を欲しやすくなります。
そうすると、食事の終わり時間・・つまり夜遅い時間に炭水化物のドカ食いです。
これは太る訳ですが、本人の自覚がない場合も多いです。

この食べ方が、最も身体にエネルギーを溜めこみやすく、太る原因となります。
もちろん、血糖値にも良い訳ではありません。

理論がちょっと見えてきた所で、この対策を具体的に考えないとですね。
もう少し具体的に調べてみようかと思います。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.