医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

宇宙人が登場しました

投稿日:

久々に走ると、アプリから褒めらるんですね!
それだけでモチベーションに繋がります♬

いよいよ、春ですね~
ですが、花粉症はまだ続いております・・・(´;ω;`)

 

さて、今日の相手は手強かったんです。
簡単に言うと、自分の話が通じませんでした。

世の中には色々なタイプの人間がいますが、
まあ、なんというか。初めて会うタイプでした!

 

具体的に言うと、自分の話たい話ばっかりに行くんですね。
栄養士「朝ごはんは何食べていますか?」
患者 「お前さんは何食べてんの?」
➡ 質問で返ってくることに加えて、回答が返ってこない

栄養士「私は、ご飯でしたよ」
患者 「そうか俺は年金暮らしだら安いもんしか食わねえ。
俺はウサギだよ~。気が向いたら食ってるんだ。」
➡ 会話に乗ろうとしたら、明後日の方向に話が飛ぶ

 

会話が噛み合わなくて、食事の聞き取りだけで15分。
アセスメントできる情報も取れておらず。
プランを立てたものの、患者からは頭に入ってないと言われ。
先輩からも助言して頂き、散々でした(笑)

個人的には、
「何しに栄養相談来たんですかー(# ゚Д゚)」と思いました。
宇宙人と会話?ほんとに意思疎通ができませんでした・・・

 

今思えば、
もう少し信頼を築ける糸口があったのか?
疾患に対する考えや、不安も聞き出せるとより良かったのか?
そもそも、知識がどれ位持っていたのか?
色々考慮が必要な点や、もう少しやりようがありましたが、テンパりすぎました。

 

先輩や医師からも、興味を惹くような会話、話術が必要であること。
この性格の人には聞き取りをしっかりするのは困難なため、
ざっくりした内容を聞いて、見つからなければポイントを絞って話すこと。
全部を聞いて見つけようとしないで、ひとつだけ持って帰ってもらうぐらいで良い。
と、アドバイスを頂きました。

 

色んな人がいる中、人に合わせた栄養相談って難しいです・・・
話術に関しては、日常生活の会話もそうですよね。
このブログで日々書くことも、話術の上達になると思い続けていきます。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.