marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

体重増加のウラには

投稿日:

勉強会、面白い。もっと行きたいなあ。

本日は勉強会に参加してきました。
思っていたよりも広い会場に、沢山の人が集まって
皆さん勉強熱心だなあと刺激を受けました。

 

一人目の演者は、
CGMという連続で血糖測定ができる機器は
適している人とそうではない人がいること。
HbA1cだけで見ていると、低血糖を見逃すこと。

2人目の演者は、
糖質制限は、動脈硬化や腎障害の引き金になること。
カーボカウントの意義は、正しく糖質量を見積もることであり
制限を勧めている訳ではないということ。

 

どちらの内容も、今まで文字の中で見ていた知識ですが
しっかり理解する事ができました。

特に、糖質制限が動脈硬化を引き起こすという事と
制限をしたからと言って体重が減少する訳ではないという事が
データで示されていたので納得できました。
今後は、患者さんにもしっかり説明できそうです。

 

 

 

さて。本日は4件の栄養相談。
印象的だったのは、中々心を開いてくれない患者さん。
病院に来るのがストレスで食べちゃうと仰ってました。
だから、病院の前に1㎏増えてそれが下がらないと。

そうは言っても、1週間で1㎏増えるには・・・
単純計算で1日1000kcalのエネルギーオーバーがないと
理論上では太りません。
(7000kcalで1㎏の体脂肪増加と言われています)

 

しかし、食事の聞き取りは必要量に適した量だったので
1000kcalオーバーとは、信じられませんでした。
そのため、まだ言ってない食事内容があると思われます。

私とは初対面ですし、良い事しか言わないか。
それとも精神的に、食べているモノが分からないとか
無意識に食べている状況なのか。

 

どっちにしろ、色々詰めて聞いてしまうと
拒否的な感情が強くなってしまいそうだったので
最低限のお話だけさせて頂きました。
こういう場合は、ひたすら傾聴しかないのか・・・

何か糸口が見つかれば良かったのですが。
体重増加のウラには、何か隠れているはずです。
何があるのか、お話して頂けるようなアプローチを見つけたいです。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.