marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

代謝が変わりました

更新日:

カレーは食欲増進ばっちり。

久々に、インドカレーを食べると
出てくる”ナン”の大きさに驚きます。
でも、それ以上に食べ終わった後の満腹感が凄い。

不思議なことに、食欲が無くても
ススーっと入ってしまうから凄いですよね。

患者さんから、出張でインドに行った時
インドではほとんど毎日
カレー料理を食べていると聞いたのですが・・

カレーって、実はすごく油を使用する料理なんですよね。
そのため、患者さんは2週間位いったら
太って帰ってきたそうです。

 

そりゃ太るよな・・と思った反面
インド人ってみんなが太っている訳ではないな。
と、ふと思いました。(もちろん、例外はありますが)

食べ方だとか、体のつくり?
何か日本人と違うモノがあるのでしょう。

 

 

さて。代謝のお話が出てきましたが、
人間の身体は、「活動代謝」「食事誘発性熱産生」
「基礎代謝」の3種類の代謝を行っています。

 

「活動代謝」とは身体を動かすことで消費されるエネルギーで、
「食事誘発性熱生産」は食事したものの消化に使われるエネルギーです。
そして、3種類のうちもっとも大量にエネルギーを必要とするのが「基礎代謝」です。

「基礎代謝」とは、呼吸したり心臓を動かしたり、
生命を維持するために必要なエネルギーのことを指します。
このエネルギーは、寝ているときや座ってじっとしているときにも消費されています。
効率よくエネルギーを消費するには、基礎代謝を上げるとよいでしょう。

 

 

蛇足ですが・・・若い時と同じような食生活を続けていても
太らない人っていますよね。

そういう「太らない人」というのは
若いころから同じように代謝が維持できているのです。

逆に「太ってしまう人」というのは
若いころと違って、代謝が落ちているのです。

 

代謝が落ちたことを言い訳に痩せず・・・
食欲が変わらないことを健康といい・・・
代謝が落ちたのであれば、食事を変える事も必要でしょう。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.