医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

予防について

更新日:

双六小屋からの景色。

以前、ホリ●モンの動画を見て思ったことを書きました。
動画を見て思ったこと

ネットの情報ではよくわからなかったので、
この方が書いた、書籍を読んでみました。

丁度、近所のBook ●ffに、予防医療普及協会から
出ていた本が置いてあったので手に取ってみました。

 

その内容を一言でまとめると
「治療よりも予防にお金を使う事が大事」でした。

 

 

日本の社会の中で、医療は予防よりも治療が優先です。
予防する方が、はるかに医療費を抑えられる可能性があるのに
治療がメインになっているので、医療費が増大しているようです。

その予防の中で、特に簡単にできるのが
胃がんの原因であるピロリ菌の除去です。

ピロリ菌の有無は検査キットで簡単に発見できて
除菌できれば、がんにかかる可能性も低くなります。
その他にも、予防できる病気が取り上げられていました。

 

 

ひたすら、このような内容が書いてあって・・
(読みやすかったので、凄く内容が入ってきました)
最後まで読みましたが、
本文には「食事」の話が全く出てきませんでした(笑)

そして、最後のあとがきに見つけたのが
「食事はストレスをためることになるから、あまりやりたくない」
「どこまで、どうやるのか、エビデンスが不確かなものも多い」という記述でした。

 

 

これを見つけて、うーん。そういう事か。。。と( ̄▽ ̄;)
前半の文書は、個人的な理由に聞こえてしまったのですが
後半の文書で、エビデンスを指摘されると凄く困りますね。

私自身、以前に指導した患者さんから
「じゃ、それをどれ位の期間続けたらよいのか」
「何分位を目安にすればよいのか」と質問を受け、うまく答えられませんでした。

こうした、具体的な内容やエビデンスに基づいた指導って
とても難しいのではないかと思います。
栄養学って、エビデンスや数値化するには難しい分野だと思うので
説得するための材料が不足しているなと思いました。

 

予防分野には興味があるので、この方に限らず
また調べを進めてみようと思います。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.