marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

主食、主菜、副菜の揃え方

投稿日:

この二つ、売店での常連でした

昨日は、主食、主菜、副菜の話題を書きました~

これを例えるなら、和定食が理想の形に近くなります。
何となくイメージできると嬉しいのですが・・

主食 → ご飯
主菜 → 焼き魚
副菜 → 和え物、汁物

こんな感じで、バランスが揃えらればベストですね。

 

そうは言っても、難しい・・・と
感じる方もいらっしゃるかもしれませんが( ̄▽ ̄;)

血糖値の上昇には、炭水化物以外の栄養素も関係していることが肝心です。
炭水化物だけだと、食後血糖値が急上昇してしまいます。
脂質やたんぱく質だけでは、食べすぎや脂質割合が増えてしまいます。

 

そこで、血糖値の急上昇や、エネルギー過剰を抑えるためには
主食、主菜、副菜のどれかを組み合わせる事で解決できます。

それは、脂質やたんぱく質を一緒にとることで、
炭水化物だけを単品で摂取した時よりも、血糖値のピークが抑えられるからです。
たんぱく質、脂質も、おかず中心で食べるよりは
ご飯を一緒に食べる事で、おかずの量を抑えることが出来ます。

結果、先ほどの悪影響の反対となりますが
食後血糖値が改善し、中性脂肪、高血圧、肥満を抑えることが可能です。

 

 

さて、実際に食べる食事で表現すると
「食事で組み合わせる」とは、どういう事かというと・・
既に主食と主菜、主食と副菜、等が含まれる料理を探すと良いですね。

例) 卵サンドイッチ → 主食:パン、主菜:卵
例) ツナマヨおにぎり → 主食:米飯、主菜:ツナ
例) サラダうどん → 主食:うどん、副菜:サラダ

 

こんな感じです。
トースト(食パン)のみ、白飯のみ、うどんのみ、といった単品で食べるよりも、
何かと一緒に組み合わせが出来ている食事がおススメです。

思っていたイメージよりも簡単な気がしませんか?

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.