marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

フリースタイルリブレの装着期間が終了

投稿日:

写真のストックが無くなってきた・・

本日、フリースタイルリブレが終了しました。
2週間装着してみての感想は・・
個人的には解放された安心感が強いです。

 

フリースタイルリブレとは・・・
本製品は間質液中グルコース濃度に関する情報を連続的に測定し、
低血糖又は高血糖の検出を補助する。
また、必要に応じて血糖自己測定器を併用しながら、糖尿病の日常の自己管理に用いる。

HPの引用です。噛み砕くと・・・
つまり、血糖値をずーっと測定して、記録もしてくれる優秀な機械です。
測定するのは、間質液中(細胞の間)のグルコース値です。
センサーをずっと装着しながら生活するので、
センサーに読み取り器(リーダー)を服の上からかざすだけで血糖値の測定ができます。

血糖値を測定するために、指先に穿刺(針で穴をあけて)
血液を絞り出す必要がありません。
これが凄く大きな事で、血糖値を測定するとなると
ヒトの目を気にしてしまったり、血液を絞り出す等の手順があり面倒です。

こうした事が不要になったという事は、凄く画期的な事です。
そういう血糖値を測定していた患者さんにとっては
手間が減ったことで、測定する負担が凄く軽くなりました。
金額はまだ負担が大きいのですが、将来的には安くなると良いですよね。

フリースタイルリブレ パンフレット Libre_product_brochure_1906
参考:FreeStyleリブレオフィシャルサイト

 

実際に装着すると、血糖値の上下がどんな時に動くのか
目に見えて分かるので、血糖値が高い(低い)時には
その時の食事内容を振り返ったり、運動の有無等を振り返ると
次の行動に活かすことができます。

ただ、個人的には血糖値を常に気にしていると、
食べるモノを気をつけなければ。アレたべるとあがるな・・。
なんていう思いが強くなりました。
常に監視されているというか・・外した瞬間に、
やっと終わった!!という気持ちを強く感じました。

 

しかし、糖尿病の患者さんではこれを常に行う必要がある訳で・・・
自分自身が健康な状態にいる事は感謝ですね。
この貴重な経験を患者さんに還していきたいなと思います。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.