marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー

エネルギー不足でも高血圧になる

更新日:

魚がこんなに大きくて、お刺身も新鮮でした~

いつもと違う道を歩いてみると
新しい発見があって凄く素敵ですよね。

 

 

先日の栄養相談での振り返りです。
血圧コントロール目的で、投薬治療を開始された方がいました。

食事内容を確認してみると、
朝食欠食を認め、食事全体のエネルギー摂取は必要量以下でした。
そのため、痩せていってもおかしくないのでは。
と、思いましたが実際にはBMI25以上の肥満体型でした。

 

話を聞いてみると、以前は夕食で炭水化物を抜いていて
体重を落とすためにダイエットを繰り返していたようでした。
炭水化物制限した時は、体重の変化があまりなかったので、
その後、朝食を欠食して、米飯を夜だけ食べるようになったとか。

そうなると、欠食でエネルギーを溜めこみやすい食事に加えて
夜に糖質が増えるので、体重が増加しやすい食生活となっています。

 

今思えば、こういう食事パターンの場合・・・
①夕食で炭水化物制限をして体重を落とそうとするが
米飯以外の副食の摂取量が多いためにエネルギーは過剰摂取していた。
→ そのため、体重が減っていなかった。

②朝食を欠食することで、身体はストレスを感じて血圧上昇させる
→ 身体は欠食がストレス。血圧上昇して、生きるために必要な栄養を全身に送っている。

③過去、体重の増減が大きいと、リバウンドしやすい
→ 体重が減りにくい(消費しにくい)体質が出来上がっている

という、課題があげられていればもう少し具体的にお伝えできたかもしれません。

 

栄養相談時は、欠食が体重増加に繋がりやすいため食事を摂ること。
食事バランスが悪いため、主食、主菜、副菜を揃えて摂取するよう提案しましたが、
理論が上手く説明できていなかったなあ・・感覚的な説明だったなあと思いました。

 

あと、高血圧の指導で来たのに、
食塩6g/日 未満が目標値と伝え忘れていました・・・食塩の指導はまだ苦手です。
もう少し、根拠を示せるよう情報収集していきたいと思います。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.