医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

これって普通ですか?

更新日:

ジャコウネココーヒー
日本では馴染みが薄いですね

暑い。暑すぎます。
風が無い状態ってこんなに暑いんですね。

 

 

そういえば、職業が管理栄養士だからなのか。
個人的に常識が無いなのか。
いまいち「普通」が分からない時があります。

例えば・・家族が台所に立っている時に
肉を切った包丁で、野菜を切っていると
「あー!それ汚いからやめてー」って思います(笑)

切った包丁や食具を水洗いで済まそうとすると
「洗剤使って洗って・・・(-_-;)」って思い、
後からこっそり洗ったりしてます(笑)

 

 

この、清潔にしたい気持ちって、職業病なのでしょうか・・?
肉を触った部分って、相当汚いんですよ。
食中毒にもなる細菌がうじゃうじゃなんです。
その手で、冷蔵庫とか何かに触れるなんて・・・( ̄▽ ̄;)

この場合、肉を切ったまな板と包丁の上で
野菜を切ると細菌が野菜に移ります。

そのため、先に野菜を切ってから最後に肉となるよう
食材を切る順番を変える事が必要です。
もしくは、肉専用のまな板と包丁を指定しておくとか。

処理が終わったら、肉を切った包丁とまな板は放置せず
必ず!必ず!よく洗う事が大切です。
肉を押さえるために使った片手も、よく洗って欲しいです。

こうする事で、感染のリスクも衛生も多少は・・良いのではないでしょうか。
それとも、気持ちの問題なのでしょうか?( ̄▽ ̄;)

 

衛生に関してですが、食中毒に関して厚生労働省のまとめでは・・
食中毒が起こった場所は、飲食店が最多で約6割です。
家庭では、見過ごされる(報告が挙がらない)ことも多いため、
飲食店の次で1割程度に留まっていますが、
実際の件数はもっと多いと思われます。

家庭でお腹痛いたいなあ。なんて思ったら、食べすぎを疑うよりも
まずは、台所の衛生環境にも注目が必要かもしれません。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.