栄養

野菜不足を補うには冷凍野菜や乾物を取り入れよう

投稿日:

突然ですが、質問です。人は1日に何グラムの野菜を食べるといいでしょう!?

いきなり「何グラム?」と聞かれても困ってしまいますよね?野菜はたくさん食べた方がいいとはわかっていても、普段わたしたちは野菜を何グラム食べているのか想像もつきません。

実は農林水産省の取り決めでは、1日350gの野菜を食べるのがいいとされています。

ちなみに350gというのは、

  • カレーや定食などでついてくるサラダだと5、6皿ほど
  • コンビニで買うおでんの大根だと4、5個

う~ん。意外と多いなぁ笑

いくら体に良いとわかっていても、こんなに毎日は食べられません。忙しかったりすると、さらに手を抜きがちになってしまいますよね。

そこで今日は、どうしても野菜を摂るのが面倒だという忙しいあなたに、手軽に野菜を補う方法をお伝えします。

使い勝手が良い『冷凍野菜』を取り入れてみよう!

冷凍食品にはどんなイメージを持っていますか!?

「お手軽」「使い勝手がいい」というプラスな印象と共に「手抜き」「栄養が抜け落ちてそう」など、マイナスなイメージを抱かれている方も多いと思います。

今日は「冷凍食品は健康にはよくない」というイメージが変わるかもしれません。

実は市販の冷凍野菜は、それぞれ食材の旬の時期にきちんと収穫・加工されており、変色しないように加熱処理されています。しかも美味しさや栄養素が失われないようスチーム調理されていて、生活に取り入れると非常に便利、かつ栄養豊富なのです。

スーパーに行くとほうれん草などの葉物野菜もありますし、お弁当などにも便利なブロッコリーやトウモロコシ、アスパラガス、オクラやインゲンなど種類も豊富です。

それ以外にも根菜類(ジャガイモや里芋)はカレーやシチューにも使うことができたり、煮物にも使えたりと大活躍。それぞれをミックスしたような商品もあるので、汎用性は非常に高いです。和野菜だけをミックスしたようなものもあるので、味噌汁などを作る時にも便利ですよね。

冷凍庫から取り出した後、そのまま自然解凍でOKという商品も増えて来ているのです。

簡単レシピ!まな板と包丁なしでできる~ロールキャベツ入りトマトスープ

【材料】

  • 冷凍ロールキャベツ(冷凍餃子でもok)
  • 冷凍野菜(ブロッコリーやミックスベジタブル)
  • トマトジュース
  • コンソメ
  • 塩こしょう

【作り方】

  1. 冷凍ロールキャベツとトマトジュース、水、コンソメを鍋に入れて火にかける。
  2. 沸騰したら、弱火から中火にして5分くらい煮る。
  3. 冷凍ブロッコリーやミックスベジタブルを加え、混ぜながら沸騰するまで煮込む。

長持ちで栄養素UP!『乾物』をもっと利用してみよう!

足の速い生野菜だと、買ったはいいものの、食べるタイミングを逃してダメにしてうことも多いかと思います。そんな時にオススメしたいのが「乾物」です。

乾物といえば、だしに使われる昆布や椎茸をはじめ、ワカメやひじき、切り干し大根などがあります。すでにカットされた状態のかぼちゃや人参、ほうれん草なども最近よく出回っていますね。

冷蔵庫に入れておく必要もないので場所をとりませんし、加えて生野菜よりも栄養価が高いと、近年見直されています。

例えば切り干し大根ですが、だいたい一袋40gほどで、生の大根と同じほどの食物繊維があります。それだけでなく、新陳代謝を促すビタミン類、また歯や骨には必要不可欠なカルシウムまでもが多く含まれるのです。

そして何より管理のしやすさや栄養価だけでなく、旨味がぎゅっと凝縮されていて美味しいことが、台所で重宝される理由なのかもしれません。保存期間の長さと持ち運びもしやすいので、災害対策のための貯蓄食料としてはもってこいなのです。

乾物を使って、上手に栄養不足を補いましょう。

簡単レシピ!まな板と包丁なしでできる~切干大根入り豆乳スープ

【材料】

  • 切干大根
  • 乾燥わかめ
  • 鶏ガラスープ
  • 豆乳
  • 味噌
  • ごま油
  • ねぎ
  • 黒こしょう

【作り方】

  1.  事前に水で切干大根とひじきをで戻す。
  2. 鶏ガラスープと水、切干大根とわかめを鍋に入れ火にかける。
  3. 沸騰したら豆乳を加える。弱火〜中火で焦げないように気をつけながら温める。味噌を溶き入れる。
  4. 器に盛り付けて、ねぎを散らし、ごま油と黒こしょうをかける。

まとめ

不足しがちな野菜を補うには、無理をしないで、手軽な方法を取り入れることも大事です。忙しい時にはお惣菜を使ったり、サラダバーがあるようなレストランを利用したり、下記のような宅配の料理キットなどにも頼ってみましょう。それぞれのライフスタイルにあったやり方がきっと見つかるはずです。



この記事の著者

阿部葵
阿部葵
合同会社spoon 最高経営責任者
9年間の保育園管理栄養士の経験を経て、このspoonを設立。スポーツ好きで春の高校バレーなどの出場経験があり、性格も超サッパリ。本気で健康のまま120歳まで生きようと思っている。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.