油を正しく上手に摂るには?健康に良い効果をもたらす油の摂り方

油はカロリーが高い、控えたほうがいいというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

しかし油は、上手に摂り入れることで健康に良い効果をもたらします。

この記事では、体に良い油の摂り方についてお話していきますのでぜひ参考にしてください。

油が持っている2種類のタイプ

油には、サラダ油などの「液体タイプ」と、ラードなどの「固形タイプ」があり、これらをまとめて油(脂)といいます。

油は栄養素で言うと「脂質」に分類され、1グラムあたり9キロカロリーです。

実は「たんぱく質」「炭水化物」の約2倍のエネルギーがあるため、太りやすい食材であることがわかります。

ですが脂質は体を動かすために、とても大切なエネルギー源です。

また、身体の細胞やホルモンを作るために欠かせない栄養素ですので、一定量を摂取することを心掛けましょう。

また、かぼちゃや人参などに多く含まれている、ビタミンAやEなどの「脂溶性ビタミン」は油に溶けやすいため、油と一緒に摂ることで体内に効率よく吸収することができます。

常温で固まるか固まらないかがチェックポイント

油には植物からとれるものや、動物からとれるものなど様々な種類が存在します。

特に、「お肉の脂」や「バター」など、常温になると白く固まってしまうものは、摂取しすぎると動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、このような種類の油は摂りすぎには注意しましょう。

反対に、常温で固まらない油「魚に含まれる油」や「植物油」は一定量を摂取すると健康に良い油ですので、ぜひとも日常的に摂り入れてください。

固まらない油は、それとは逆に動脈硬化の予防に繋がるのです。

一定量というのは、1食に使用する油を小さじ1杯までにするのがおすすめです。

魚の油は丸ごといただきましょうね。

油として認識できない食品にも気を付ける

普段、油として認識していない食品も多く摂っていることはご存知でしょうか。

例を挙げると、バターがたっぷり入った菓子パンやケーキ、牛乳、ベーコンやハム、インスタントラーメン、スナック菓子などになります。

このような食品には、見えなくともたくさんの油が含まれています。

これらをたくさん食べていると感じた方は、普段の食事を和食にすることで、質の良い油をとる機会を増やすことができます。

いつも朝はパンにウインナーという方は、味噌汁と白ご飯に。

昼はカップラーメンやインスタント食品が多いなら、おにぎりやうどんに。

夜はこってりしたお肉とマカロニサラダ、ベーコン入りのコンソメスープという人は、鯖の塩焼き、ごぼうのきんぴら、お吸い物に置き換えてみる。

このような工夫をすれば、体に良い油を自然に摂ることができますよ。

また、間食をする食品を変えてみるのもおすすめです。

もしいつも間食で、チョコレート、マフィンやクリームたっぷりのパンを食べているという人は、果物に置き換えてみましょう。

旬の果物は甘くて美味しいですし、不足しがちなビタミンやミネラルも補うことができます。

まとめ

普段食べている食品の中に含まれる油の質を意識しながら、食事をとるよう心掛けてくださいね。

質の良い油を適度に摂取して、健康な食生活を送りましょう。

この記事の著者

阿部葵
阿部葵
合同会社spoon 最高経営責任者
9年間の保育園管理栄養士の経験を経て、このspoonを設立。スポーツ好きで春の高校バレーなどの出場経験があり、性格も超サッパリ。本気で健康のまま120歳まで生きようと思っている。