#25 保育園の塩分量【あおいの知恵袋】

毎日のお子さまの食事作りで「薄味といっても、どのくらいの味付けにするのが良いのか分からない」という方も多くいらっしゃいます。お子さまの味覚を育てる、塩分濃度についてお話いたします。

そもそもどうして薄味じゃなきゃダメなの?

食べすぎにつながる

味が濃いとあまり噛まないで飲み込んでしまうため、肥満になる可能性があります。

高血圧につながる

幼少期から食べている塩分の合計が多いほど、将来高血圧になる可能性も上がります。

減塩は世界の潮流

世界的に健康対策をしなければならないとされている項目の第2位が「減塩」です。

食塩は1日どれくらいまでなら摂って大丈夫?

食塩の目標量

1~2歳児 3g未満 3.5g未満
3~5歳児 4g未満 4.5g未満
大人 8g未満 7g未満

実際の料理と比較すると・・

お子さまランチや、ファストフードのハンバーガーの食塩量は2g前後です。大人の場合、ラーメンの汁を飲んでしまうと6g前後です。外食は、1日の上限くらい味が濃いのです。

日本では上記が目安量ですが、これでも世界基準と比較すると、2~3gほど多い設定です。「本当は世界基準に合わせてもっと減らしたいけれど、いきなりでは厳しいので少しずつ減らしましょう!」ということで、現在のところは少し多めに設定されています。つまりこの量を摂るのではなく、できる限り減らした方が良いのです。

正しい味の濃さ

正しい味の濃さってどれくらい?作ってみよう!数字を目で見ても、頭で理解しようとしても難しいので、実際に保育園のレシピをご家庭で作ってみて、家族みんなで子どもの食事の濃さを知りましょう!

味噌汁のレシピ

お好きな具 適量
だし汁   100cc(https://bit.ly/3ojNFrd
味噌    4g
※比率を変えずに、汁と味噌を増やして作りましょう。

生姜焼きのレシピ

豚肉     40g
しょうゆ   3g
みりん    3g
生姜汁    適量
※比率を変えずに、肉と調味料を増やして作りましょう。

大人がおいしいと思う味噌汁の塩分濃度は1%程ですが、右のレシピは0.5%です。大人の半分の濃さが適量です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

< < <

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」