#16 野菜をおいしく食べてもらう方法【あおいの知恵袋】

保護者のみなさまからの相談で最も多いのが「野菜を食べてくれない・・・」ということです。

でも、焦る必要はありません。食事も勉強やスポーツと同じで練習が必要なので、自然に何でもパクパクと食べてくれることの方が少ないのです。今回は、野菜をおいしく食べてくれる方法をお話しいたします。

野菜は1日どれくらい食べればいいの?

緑黄色野菜

1~2歳児 90g
3~5歳児 90g

淡色野菜

1~2歳児 120g
3~5歳児 150g

お子さまが1日に食べるべき野菜の摂取量は、上記の通りです。「うちはこれくらい食べているから大丈夫!」とおっしゃっている方の90%以上の家庭が、実際に調査をしてみたら100gも不足していたという調査結果もあります。

食事の時間ではこんなことを意識してみましょう

苦手な野菜でも、繰り返し食卓に出すことで野菜を身近に感じることができて、野菜への肯定感が高まります。お子さまが楽しく食べるために、無理強いをしないように心がけましょう。

いつも視野に入るところにある食べ物を好きになる現象は、単純接触効果のひとつです。食べるようにプレッシャーをかけることは逆効果です。強くすすめたら野菜を食べる量が減ったという報告もあります。

子どもが嫌がる理由を探り、調理方法をかえる

茹でる 大きさを変える

苦みや酸味のある野菜や料理は「食べる練習」が必要です。成長過程に合わせて調理を工夫しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」