#13 ご家庭で魚料理を取り入れるコツ【あおいの知恵袋】

子どもに魚料理を食べさせたいけれど、下処理が大変なイメージやレパートリーが広がらないという悩みを多く聞きます。保育園では魚料理をおいしく食べてもらうため、様々な工夫をしています。今回は、ご家庭の中で魚料理を取り入れるコツをお話しいたします。

魚を食べやすくするには水分が大切

咀嚼機能が未熟な子どもは、パサパサする魚の身を嫌がることがあります。片栗粉でとろみをつけた煮汁を上からかけたり、小麦粉をつけて焼き、魚の水分が逃げないようにしましょう。

片栗粉でとろみづけ

小麦粉をつけて焼く

マヨネーズ焼きにする

シチューに鮭を入れる

味噌汁に魚を入れる

下処理をしっかりと

子どもが食べやすい魚はメカジキ・鮭・たら!

青背の魚は小骨も多く、魚の香りも強いため、魚が苦手なお子さまには骨が少ないメカジキ、身が軟らかいたら・鮭などがおすすめです。

ちなみに鮭は白身魚です。餌のエビなどに含まれる色素で色がオレンジ色になっているのです。

どんな調味料でもマッチする

たら

身がやわらかい

メカジキ

さば缶で簡単!お魚ハンバーグレシピ

さば缶(固形量)100g
合い挽き肉   250g
たまねぎ    150g
塩       小さじ1/3
片栗粉     35g
ケチャップ   お好み

1. さば缶の水気をきる。
2. たまねぎをみじん切りにする。
3. 全ての材料をよく混ぜる。
4. フライパンで焼く。

合い挽き肉を豆腐に変えても作れます。缶詰は手軽なので生魚を使うよりもおすすめです!

コメント

この記事へのコメントはありません。

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」