#11 免疫力を高めるためのポイント【あおいの知恵袋】

前回は、バランスの良い食事についてお話ししました。しかし大まかには分かったものの、毎日食事作りする上で「これで栄養バランス大丈夫かな?」と心配になる方も多くいらっしゃると思います。そこで今回はバランスのよい食事・献立についてもう少し細かくお話ししていきます!

バランスは「3つ」だけ覚えればOK

バランスの良い献立作りのコツは【主食・主菜・副菜】を揃えるだけで大丈夫です。毎日これを意識すれば、必要な栄養素はほとんどそろいます。

1.ごはんを用意

主食の材料 米・パン・麺

2.メインを用意

主菜の材料 魚・肉・卵・大豆

3.汁・添え物を用意

副菜の材料 野菜・海藻・きのこ

プラスアルファ

牛乳・乳製品・フルーツ

難しく考えなくて大丈夫です!例えばごはん(主食)+納豆(主菜)+豚汁(副菜)のように、3グループが揃えば手が凝った料理でなくても良いのです♪
乳製品や果物はおやつとして追加しましょう。

バランスが分かったら1食の量を覚えましょう

主食(100g前後)

・ごはんは茶碗1杯
・ロールパンは1個

主菜(40g前後)

・鶏肉は唐揚げ用2個
・卵は1個
・納豆は1パック

副菜(合計100g前後)

副菜(合計100g前後)・緑黄色野菜は30g前後
・淡色野菜は50g前後
・きのこ、海藻は20g前後

細かい量が分かったら表面積比で覚えましょう

理想の比率は・・・主食3:主菜1:副菜2
よく間違えられていますが、割合として大人も子どもも、魚や肉などの主菜が1番多いのではなく1番少ないのが理想なのです。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」