spoon代表 阿部葵の日記

32歳、女社長。もし明日死んでも、後悔しない生き方を。

更新日:

 

仕事は見切り発車。なる早で連絡、行動。

嫌なことはしない。嫌いな人とは付き合わない・・・etc。

これは、昨年正社員を辞めた時から、自分が決めている生き方です。

よく仕事のことでグチや不満を言う人がいるけれど、そんなことを思いながら仕事をするくらいなら、とっとと辞めてしまえばいいと思う。

結局「じゃあ辞めちゃえば?」と言っても、大抵の人は「でも〇〇だから・・・」と言って、グチが続くし結局辞めない。

私にとってみたら、嫌なことを考えていたり耐えているのは、時間を無駄使いしている気がしてならない。

苦痛に耐えて耐え抜いて病気になったり、家族を犠牲にするくらいなら、辞めた方が何百倍もマシだと思う。

それに、もし明日死んじゃったらどうするの?

私はとにかく、短い人生を好きなこと・やりたいことをやりきって、最後に「もう十分だわ!」と思えるように生きていきたい。

そのためには嫌なことをしているヒマなんてないし、選択肢で迷った時は「自分の命があと1日だったら・・・」という気持ちで、迷わずやりたい方を選ぶ。

だからとにかく、仕事も遊びも本気。むしろ仕事が遊びだと思って生きているし、少しでも嫌なことを耐えている人がいるんだったら、そんな人にこういう生き方を提供してあげたいと思う。

だから、このspoonを立ち上げた。

 

私は32歳で社長という立場になったけれど、今は高校生や大学生で起業する人もたくさんいる世の中だから、むしろ遅いくらいだと思っている。

そうやって世の中はどんどん進化していて、昔当たり前だったことがどんどん当たり前でなくなっていて、普通が普通じゃない世界ができてきている。

だから、何事もゆっくりやって成し遂げられるほど、周りは待ってくれないのだ。

口内炎ができて初めて健康が素晴らしいと感じるって言ったりもするけれど、何かを失ったり後悔してからではもう遅い。

今動けるうちに、今一緒にいられるときに、存分に楽しむことが生きていることへの感謝だと思っている。

まぁこういう考え方は、周りにはあまり理解されなくて、だからよくあるグチ大会の女子会には行かないし、友達ももちろん少ない。笑

でも、自分が納得しているんだからそれでいいと思う。

今読んでいる本が、まさにそんな生き方をしている箕輪編集長の本。超、おススメ。背中押されまくります。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.