栄養コラム

食品にトランス脂肪酸が発生するのはなぜ?

更新日:

トランス脂肪酸は、食用油を高温で加熱する時など食品の加工時に発生することもあれば、元から食べ物に含まれていることもあります。

食品を加工することでトランス脂肪酸が発生する例

マーガリンやショートニングを製造する際に使われる水素添加ですが、この加工方法がトランス脂肪酸を発生させる原因になることがあります。そのため、マーガリンなどを使って作られるケーキやパンなどにも、トランス脂肪酸が含まれています。

植物油や魚を使用して作られる油は、特有の臭みを消すために高温で加熱してから製造されています。高温で熱されることで、油の中のシス型不緩和脂肪酸の一部がトランス脂肪酸に変わるため、食用油にはトランス脂肪酸が少なからず発生しています。

トランス脂肪酸が自然に含まれている例

トランス脂肪酸は、反芻動物の胃の中の微生物によって自然に発生すると言われています。牛、ヤギ、羊などが反芻動物にあたり、普段から馴染みのある牛肉や牛乳などにもトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸は危険なの?

脂質をとることが、体に悪いわけではありません。むしろ脂質は、体に必要な三大栄養素と言われており、適切な量を摂取することが望ましいです。ですが、脂質はタンパク質や炭水化物よりもカロリーが高いので、摂取量が多すぎると肥満に繋がってしまいます。そのため脂質をとる量はコントロールする必要があります。

適量の脂質をとることは大切ですが、トランス脂肪酸は体に必要ではないと言われています。必要でないだけでなく、摂取しすぎると体に有害であると危惧されています。

なぜトランス脂肪酸が体に悪いと言われているのでしょうか?

それは、トランス脂肪酸をとることで血液の中の善玉コレステロール(HDL)が減ってしまい、悪玉コレステロール(LDL)が増加してしまうからです。トランス脂肪酸を過剰に摂取してしまうと、心臓病になる確率が高くなると言われているため注意が必要です。

しかし、このような研究は欧米人によるデータがほとんどのため、日本人にも同じように有害であるかは定かではありません。そして、自然に発生するトランス脂肪酸と食品を加工するときに発生するトランス脂肪酸では、それぞれ体に与える影響が異なるのかどうか解明されておらず、どの種類のトランス脂肪酸が有害なのかもはっきりわかっていないのです。

トランス脂肪酸の摂取量以外に気をつけることは?

トランス脂肪酸の過剰摂取は、心臓病や生活習慣病を招く可能性があるため、できるだけ摂取を避けた方が良いでしょう。ですが、トランス脂肪酸以外にも摂取を気をつけた方がよい食品もあります。

それは、日本人が過剰摂取しやすい「食塩」です。塩分を過剰に摂取すると、ガンや脳卒中、高血圧などの病気にかかりやすくなると言われています。

食塩の1日の摂取量は男性で8g未満、女性で7g未満が望ましいとされていますが、多くの日本人がこの摂取量を超えているのが現状です。日本食が醤油や味噌を多用することが塩分をとりすぎる原因と思われますが、最近では減塩された調味料が普及しているため上手に活用していきましょう。

健康な体を維持するためには、脂質、タンパク質、炭水化物をバランスよく摂取することが望ましいですが、脂質エネルギー比率が高くなりバランスが崩れるとメタボや高血圧などを引き起こしてしまう可能性があります。

厚生労働省によると、平成28年の日本人のデータでは男性の3割、女性の4割が脂質を過剰摂取していることが明らかになっています。脂質をとりすぎることで、トランス脂肪酸の過剰摂取にも繋がるため脂質は適量に抑えましょう。

日本での対策は!?

平成24年3月、食品安全委員会によりトランス脂肪酸による健康リスクについての結果が発表されました。ほとんどの日本人はエネルギー比率が1%に満たないことから、トランス脂肪酸による健康被害はほとんどないと報告されています。

しかし日本人の中でも、日常的に脂質を過剰に摂取している人の場合、トランス脂肪酸の摂取量も多くなることがわかっていますので、塩分と脂質のとりすぎには十分注意を払いましょう。 豊富な品目を食べることを意識しながら偏りのない食生活を送ることで、トランス脂肪酸による病気を引き起こす確率は低くなります。

トランス脂肪酸の摂取量だけにこだわるのではなく、過剰摂取がよくないと言われている塩分や脂質を減らすことにまずは目を向けましょう。

また、自然に発生するトランス脂肪酸を減らす方法はわかっていませんが、食品の加工時に発生するトランス脂肪酸は、加工方法の技術革新によって減らすことができると言われています。最近ではその恩恵を受け、日本でもトランス脂肪酸が減らされた食品が店頭に並ぶようになりました。

食品のクオリティを維持しながらトランス脂肪酸の発生を抑えるため、食品事業者による開発が日々行われているのですね。

この記事の著者

阿部葵
阿部葵
合同会社spoon 最高経営責任者
9年間の保育園管理栄養士の経験を経て、このspoonを設立。スポーツ好きで春の高校バレーなどの出場経験があり、性格も超サッパリ。本気で健康のまま120歳まで生きようと思っている。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.