自宅まで届けてくれるネットスーパーで「買い物しない料理づくり」をしよう!

再び発出された「緊急事態宣言」。食材の買い出しは制限されていないものの、外出するのは怖いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

私はコロナ以前から「時間を無駄にしない」という観点で、ずっとネットスーパーを利用してきました。一番利用頻度が多いのが「イトーヨーカドーのネットスーパー」です。私の場合は、毎日の食事とともに「あおいの給食室」の収録でも食材を使用しますので、なるべく迅速に配達して頂けること、食材の種類が豊富なことなどが重要になってきます。

買い物には「店舗までの移動」「選ぶ」「会計をして持ち帰る」という3つの時間がかかっています。多分、毎日1時間は使っていると思います。1日に起きている時間が16時間だとしたら、1日の1/16は、買い物で人生が終わってしまっているのです。他にも「夕食の献立を考える時間」「作る時間」「片付けをする時間」・・・食事だけでこれだけやるべきことがあるのですから、やりたいことに使える時間が無い!というのは当然なのかもしれません。

便利になってきた今だからこそ「自分の時間を自分のために使う」と宣言してしまいましょう。そのためには「嫌だなぁ」と感じたことを、1つ1つ改善してあげることです。

人間は食べ物を口にしたときに苦い、酸っぱいなど「自分の体に害がある」と判断したものは、吐き出して取り込まないようにできています。でも「自分の心に害がある」と判断したものでも「頑張らなきゃ」とか「我慢することが美徳」と錯覚し、害のあるものを飲み込んでしまうのです。

「我慢することが美徳」「歯を食いしばった先にいいことがある」

私たちはそう教えられてきました。でも、我慢した先にあるのは我慢強くなるだけです。食いしばった後に残るのは、ガタガタになって使い物にならない歯だけなのです。まずは「毎日自分の時間を奪っているもの」を一つ一つ吐き出していきましょう。その第一歩が「買い物に行かないこと」です。

買い物の手間が省けたら、子育てをするママの時間が少し増えます。毎日の献立を私が考えて皆さんにお伝えできたら、また少しだけ時間が増えます。こういった小さな時間の積み重ねで、少しでもママの時間を増やすお手伝いをしたいのです。

今後は「ママの時間を増やす情報」も、少しずつ発信出来たいいなぁ♪と思っています。

ネットスーパーのメリット

・買い物の時間を削減できる
・過去に購入したものを参照できる

ネットスーパーのデメリット

・配達地域外のことがある
・商品がない場合がある
・冷凍、冷蔵物の場合、在宅していないといけない

全国で利用できる主なネットスーパー

インターネットで調べてみたところ11種類のネットスーパーが存在しており、地域密着型のスーパーも数えると、さらに多くのサービスが存在すると思います。

Amazonフレッシュ https://www.amazon.co.jp/alm/storefront?almBrandId=QW1hem9uIEZyZXNo
イオンネットスーパー https://shop.aeon.com/netsuper/
イズミヤ楽楽マーケット https://rakuraku-market.com/
イトーヨカドーネットスーパー https://www.iy-net.jp/
オークワ https://www.netsuper-okuwa.jp/shop/
カスミネットスーパー https://netsuper.kasumi.jp/
ダイエーネットスーパー https://netsuper.daiei.co.jp/
マルエツネットスーパー https://maruetsu.net/
ライフネットスーパー https://www.life-netsuper.jp/
東急ストアネットスーパー https://shop.tokyu-bell.jp/tokyu-store/app/common/index
Rakuten SEIYUネットスーパー https://sm.rakuten.co.jp/

 

メンバー専用ページ

メンバー限定記事

  1. 保護中: YouTubeメンバーシップ会員さま専用ページ

保育園管理栄養士「あおい」



合同会社spoon 最高経営責任者(CEO)


10年間の保育園勤務ののち、2018年に献立作成会社を設立。現在、全国60園以上の献立作成を担当。YouTubeは登録者15万人。

高校時代、バレーボールで国体・インターハイ・春高にキャプテンとして出場経験あり。

好きな言葉は「やってみることに失敗はない」