未分類 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 横山満里奈

振り返り 脂質異常症の人の傾向

更新日:

チェーン店。
ジュースが美味しかった~

また、また、振り返りデス。

 

コレステロールや中性脂肪といった脂質異常症の方との栄養相談では、
だいたいのパターンが決まっているように感じたので、まとめてみました。

 

① 糖質制限をしていた人
糖質に目がいって、脂質やたんぱく質の量を無視していると
脂質とエネルギー過剰になっている場合があります。

 

② ナッツ・エゴマ油・オリーブ油等、噂話を信じる人
ナッツやエゴマ油が良いと聞いて、何にでも使う。
食べれば食べる程、良いと思って、あらゆるモノに使っている。とすると、
使いすぎてしまい、脂質とエネルギー過剰になっている場合があります。
こういう方は、何のために使っているのか目的が不明確の場合が多いです。

 

③ 菓子(特に、チョコレートや洋菓子)が好きな人
④ 米飯などの炭水化物が好きな人
こういう人は、中性脂肪が高くなりやすい傾向があります。

特に③菓子は、スナック菓子だと1袋など、簡単に食べてしまう場合も。

あとは、④みたいに炭水化物が好きな人は、
おかずの量も適量以上の場合が見られます。
おかずの中でも、豆腐が良いと思って、いつも食べてると、
意外と脂質とエネルギーがしっかりあるので、過剰になります。

 

 

だいたい、こんな感じですかね・・・
逆に、食物善悪が不足っていう人も居ますが、
だいたいは、脂質を摂りすぎという方が多いように思います。

 

●●は良いと聞いた。けど、その理由は分からない。
という人ほど、検査結果が悪化するリスクが高いですね。
どうしてこの食事をしているのか。
そういった理解がある方の方が、改善していくように思います。

※あくまでも私見ですので、ご参考までに・・・

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.