marina 医療系管理栄養士が伝えるワンポイントセミナー 未分類

振り返り 尿酸値の高い年代

更新日:

帰りの空港で食べた・・美味しかったですよ。

最近の疲れがたまっていたのか、
寝落ちしてしまっていました・・・。

 

 

最近の栄養相談で、痛風発作が起きる年代について質問を受けました。
調べてみると、面白いことが分かりました。

 

まず、痛風は圧倒的に男性に多い病気です。
1992年の東京女子医大の調査では男性が98.5%で女性はわずか1.5%でした。
その理由は、痛風の原因である尿酸の血液中の濃度(血清尿酸値)が
女性では男性より低いからだそうです。

これは女性ホルモンに腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがあるからで、
閉経後に女性ホルモンの分泌が減ると尿酸値は少し上昇します。
そのため、女性でも女性ホルモンが低下すると、この影響は小さくなります。
つまり50歳を越えると男女の尿酸値の差は小さくなるとか。

 

 

また、痛風発作は血清尿酸値が7.0mg/dLを越える状態が数年間以上は続かないと起こりません。
この7.0mg/dLになるのに平均的な男性では尿酸値が1.5mg/dL上昇すると到達してしまいますが、
女性では3.0mg/dL上昇しないと到達しませんので女性はなかなか高尿酸血症にならず痛風にもなりにくいのです。

とは言っても、女性が全く痛風にならないかと言うと、そうではありません。
遺伝的な病気、薬物の影響、その他の特殊な状態により女性も痛風になります。

 

 

最近の調査結果によれば、高尿酸血症の頻度は成人男性で20%以上と報告されています。
年齢別の頻度では、30~40歳代が最も高いことが分かっています。
しかし、2004年の国民生活基礎調査によれば「痛風で通院中」と
回答した者は60歳台が最も多く30歳台はわずか6%(4.8万人)でした。

これらの通院者の多くは尿酸降下薬を内服中と考えられ、
通院者には高尿酸血症も含まれると考えられます。
30代で高尿酸結晶を指摘されても、実際に治療を開始するのは
痛風発作が起きた60代から。ということだと推測されています。

 

 

痛風発作が起きてからでは、強い痛みが出てしまうので
できるだけ早期に治療を開始したいですね。

Copyright© 管理栄養士の仕事依頼サイトspoon , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.