【栄養相談/30代女性】主人が糖尿病で入院しました。

スプーンでは、毎月7名様に限りメールで無料栄養相談を行っています。
(※2018年1月現在、新規受付けを休止しております)

こちらでは過去にいただいたご相談内容の一部を掲載しています。

ご相談内容

30代女性

主人が糖尿病で入院したので、カロリーが低めや糖質の少ないレシピがある知りたいです。


ご相談ありがとうございます。

旦那様が糖尿病で入院されたですね。
それは心配でしたね。

毎日のことなので、レシピより糖質とカロリーを減らす調理のコツの方が応用が利くかもしれないので、 それをいくつかお伝えしますね。

ごはん

しらたきを細かく切ってから煎りして、ごはんの半分の量とからめる。 (通常200gのごはんだったら、100gをごはん100gをしらたきに変えます)

しらたきは、水分をよくとばすのがポイントです。

私もダイエットしていた頃によくやっていましたが、しらたきが入っているのは全然気になりません。

これでカロリー150kcal、糖質35g程度を減らすことができます。

食パン

トースト(6枚切り)1枚を、生揚げ1/2(80g)に変える。
トーストに野菜をのせてピザトーストを作る場合、パンを半分にスライスした厚揚げに変えます。

作り方はパンのときと同じで、炒めた具材を生揚げの上に乗せてトースターで焼くだけです。
これもけっこうおいしいです。

これでカロリー40kcal、糖質30g程度を減らすことができ、塩分も1g程マイナスできます。

ポテトサラダ

じゃがいもの半分弱の量をこんにゃくに変えて和える。 (通常70gのじゃがいも量だったら、40gをじゃがいも30gをこんにゃくに変えます)

こんにゃくはスプーンや手で一口大に切って、じゃがいもと一緒に茹でます。

茹でて水気を切ったら、熱いうちに塩こしょうで味付けします。(←ここがポイント)

それにアボカドと粒マスタード、マヨネーズを和えて完成です。

こんにゃくは黒より白いものの方が見た目のこんにゃく感が減っていいですよ。

これでカロリー30kcal、糖質6g程度を減らすことができます。

相談したいことがある方はこちらから

下記バナーをタップしてご相談ください。メールで24時間受け付けていて、当日中(24時間以内)にご返信いたします。

「こんなこと聞いてもいいかな…」でも大丈夫。お気軽にどうぞ!