妊娠力を高めたい!妊活中に考えたい栄養バランスの良い食事

妊娠を望んでいるあなたに、質問です。

「妊活をするのは、誰のためですか?」

  • 自分のためです!
  • 夫のためです!
  • 両親のためです!
  • 周りで妊娠を望んでくれている人のためです!
  • 子孫を残さないといけない家系のためです!

あなたの考えは、どうでしたか?

もちろん、あなたのためや夫のためでもありますが…いちばんの理由は

「これから産まれてくる子どものため」

なのです。

食生活は意思の弱さではない!

「妊活しているのに、つい食事がおろそかになってしまう」

このように、食生活が大切だと分かっていても、思うようにできないことってありますよね。

そうすることで、妊娠できない自分をどんどん責めてしまい、気持ちに余裕がなくなってしまうこともた~くさんあったと思います。

でも、

それはあなたの意思の弱さではありません。決して自分を責めないでくださいね。

そこで少し、考え方を変えてみましょう♪

妊活は親心のはじまり


妊活の定義は、人それぞれだと思いますが、私がお伝えする定義は

子どもが居心地良く過ごせるように、体の中のベッドをふわふわにして迎えること。

です。

妊活はあなたの子どものために、身体の中の子どものベッド、つまり子宮を居心地が良いようにふわふわにしてあげるのです。

妊活は子どものためと思う気持ちが強くなればなるほど、

「あ、菓子パンは辞めておにぎりにしよう!」

と、自然と食の選択も変わってきます。

そして、ゴールは妊娠することではなく、元気な赤ちゃんを産むことです。

そのためにもやはり、居心地の良い環境作りは欠かせません。

まずは食生活を見直すところから

では、これから妊娠力を高めていくためには、あなたはまず何を始めますか?

「妊活に良い食べ物を調べて、取り入れます!」
「クリニックに出かけます!」
「サプリメントを飲み始めます!」

これもとっても大切なのですが、その前にやってほしいことがあります。

それはバランスの良い食事をすることです。

バランスの良い食事が基礎編で、そのほかの取り組みが応用編ですね。

食事も勉強やスポーツと同じで「基礎をしっかりかためるから、応用が早く身につく」こんなイメージです。

ふかふかなベッドになる子宮内膜も、子宮に指示を送るホルモンも、全ての材料は食事です。

食生活を改善すれば、早くて2~3週間で身体の変化を感じられるようになりますから、食事で確実な妊活生活をスタートさせましょう。

あなたの食事認識度チェック!

質問1
炭水化物(ご飯)は減らすようにしている

糖質抜きダイエットが流行っているからといって、むやみにご飯を減らすのはNGです。

野菜不足で便秘になると思っている方も多いですが、水分や食物繊維を多く含むご飯を減らすことでも、便秘になることがあります。

ごはんは血糖値をゆるやかに上げるので、菓子パンをごはんにかえるだけで、気持ちも安定していきます。

質問2
朝は野菜と果物たっぷりのスムージーを飲む

朝起きて何も食べないよりは、スムージーや野菜ジュースなどを取り入れることは、とても素晴らしいと思います。

でも、それがいいと思って続けている人はスムージーをおにぎりなど、噛んで食べられるものに変えてみて下さい。

噛まない食事を続けるというのは、とてももったいないことです。

噛むことで消化が良くなるだけではなく、顔のリフトアップや身体を温めてくれるという期待もできますよ。

質問3
油は控えめにしている

「油は身体に良くない」と思われている傾向がありますが、油は体温を維持したり、性ホルモンの材料にもなります。

また、クッション材として臓器などを守る役割もありますから、摂り過ぎないというのもあまり良くありません。

しかし油といっても、良い油と悪い油がありますから、きちんと見極めて適度に取り入れることが大切です。

まとめ

妊活には、食生活が大切というのが分かっていただけたでしょうか?
しかし、何でもかんでも摂れば良いということではなく

食材の質
正しい摂り方

が重要になります。

次回からは、具体的な実践法を取り入れながら、お話していきますね。